INTERNATIONAL LANGUAGE HOUSE Preschool

Language House Preschool offers
an engaging program for your baby!

Language House bilingual care.

ランゲージ・ハウス・プレスクールにやってくるのは、小さな日本の子どもたち。彼らが耳にするのは、英語と日本語、その両方です。

プレスクールでは、日本のベテラン保育士と外国人講師とで、バイリンガルを育てる少人数保育を行っています。世界各国の歌やダンス、ゲーム、アートのほか、日本の伝統行事も取り入れたカリキュラムは、実にさまざま。幼児期に身につけたいトイレトレーニングや身支度などの生活習慣、食事のマナーなど日本のしつけもしっかり行い、バイリンガル教育を希望する働くママも応援します。

幼児期は、コミュニケーション力の基礎がつくられる時期。プレスクールでは、将来、世界に通じる「強い日本人」を育てるために、英語と日本語のバイリンガル保育で子どもたちの可能性を広げていきます。

School Philosophy

ランゲージ・ハウス教育理念

バイリンガル教育を基本とし、これからのグローバル社会にたくましく生きる「自分力」と「語学力」を鍛え、日本人とし誇りある自信に満ちた人格を形成することを目指します。プレスクールはこれらの目的を達成するための第一段階となります。

  • 教育目標
    バイリンガル
    初期教育

    1.7〜3歳児を対象としたバイリンガル教育。外国人講師と日本人保育士のもとで互いの文化を尊重しながら、この時期に育まれるバイリンガルのベースを学習し、同時に正しいしつけを身につける。

  • 保育目標
    安全な環境での
    共同作業としつけ

    共同生活に慣れ親しみながら、この時期に育まれるべきしつけと言葉使いを中心に保育をしていく。

  • 英語教育目標
    Vocabularyと
    Phonics

    この時期だからこそ導入意義のあるPhonicsを中心に、生活の中で習得できるVocabaryを増やします。

Daily Schedule

先生の英語と子どもたちの笑い声が飛び交う教室。壁には季節にあわせた子供たちのアート作品が並びます。子どもたちのやる気を伸ばし、豊かな心を育てるのは経験豊かな日本人保育士と外国人講師とのコラボレーション。登園からお迎えまでの間、安全で快適な保育環境を整えています。ここでは、プレスクールの1日をご紹介します。

  • 1. Arrival

    Arrival Image

    “Good morning!”ママやパパと離れても不安にならないよう、保育士たちが明るくお出迎え。保育士はどんな連絡事項もしっかりお伺いし、1日の保育にのぞみます。子どもたちは、脱いだ靴やカバンを自分でおかたづけ。

  • 2. Health checking

    Health checking Image

    今日も変わらず元気だね! それともちょっと泣き虫かな? お熱はないかな? おむつは大丈夫? 子どもたちが1日を元気に快適に過ごせるよう、心身の健康状態をしっかりチェックします。

  • 3. Circle time / Play time

    Circle time / Play time Image

    長年、英語教育に携わってきたネイティブの先生の呼びかけで輪になったら、英語で歌って一緒にダンス。子どもたちの好奇心を刺激しながら、思いっきり体を使って英語で遊びます。

  • 4. Outdoor play

    Outdoor play  Image

    先生といっしょに身支度を整えたら、近所の公園へお出かけ。外国人講師と楽しく遊びます。日本人保育士はしっかりと安全を見守ります。

  • 5. Manners

    Manners  Image

    お散歩から戻ったら、靴を脱いで、手洗い・うがい。自分のことは自分でできるように、保育士と外国人の先生がしっかりお手伝いします。“Good job!”先生にも褒められたね。

  • 6. Lunch time

    Lunch time  Image

    「いただきます!」待ちに待ったランチタイムは、日本語のご挨拶でスタート。日本のマナーを守りながら、みんなで楽しく食べるうちに、苦手なものがある子どももパクッ! アレルギー対策も行っています。

  • 7. Free play

    Free play  Image

    ランチの後は自由に遊ぶ時間。外国人の先生が英語で話しかけ、保育士が安全を見守ります。ひとりひとりのおむつ交換や着替えをチェックします。

  • 8. Nap time

    Nap time  Image

    午前中、頭も体もしっかりと動かした子どもたちは夢の中へ。眠れない子には、先生がやさしく付き添います。寝ている間もしっかり見守り、うつぶせ寝防止に努めています。ゆっくり休んだら、またいっぱい遊ぼうね。

  • 9. Snack time

    Snack time  Image

    お昼寝から目覚めたら、みんなが大好きなおやつの時間です。“Cookie!”、“Bread!”今日は、みんなどんなおやつを持ってきているのかな? 食べた後は、みんなが楽しみにしている遊びの時間ですよ。

  • 10. Fun time

    Fun time  Image

    “Let's play together!”午後は先生と一緒に英語でゲームをしたり、お友だちとカラフルな外国のブロックで遊んだり…。遊びのなかに英語を取り入れる工夫を凝らし、国際的なコミュニケーション能力を育んでいきます。

  • 11. Review

    Review  Image

    “What color is it?”「それは何色ですか?」。今日学んだことを英語と日本語で話しかけます。一日の出来事を思い出し、振り返る習慣がバイリンガルの芽をつくります。

  • 12. Pick-up Time

    Pick-up Time  Image

    “See you!”英語で帰りの歌を歌ったら1日の終わり。お迎えに来たママ・パパには、保育士が今日の子どもたちの様子をしっかり報告。ときにアート作品をママやパパに手渡す子どもたちはちょっと誇らしげ。

Our Strong Points

  • Why 1.7 years? Image

    1. Why 1.7 years?

    1歳7カ月は、日本語と英語それぞれに切り替えができる脳を育てるためのベストな時期です。言語や身体能力の発達が目覚ましいこの時期のスタートが、大きな成果に繋がります。 ※1.7歳未満はご相談ください。

  • Bilingual Program Image

    2. Bilingual Program

    プレスクールでは、外国人講師と一緒にプログラムを行うだけでなく、生活時間も共にします。そのため、子どもの在園時間すべてが英語にふれる時間。日常的に英語を耳にすることでヒアリング能力を伸ばしていきます。

  • Manners Image

    3. Manners

    日本人保育士が子ども達の英語のサポートだけでなく、トイレトレーニングや着替え、片付けなどの生活習慣を身につけられるよう日本語でフォローしています。また、子育てに対するご相談にも日々応じています。

  • Double Full support Image

    4. Double Full support

    プレスクールの保育は、外国人講師と経験豊富な日本人保育士のW体制。子どもたちの発達に注意深く寄り添い、のびのびと過ごせるように、少人数制で家庭的な保育を行っています。

Q&A

母子分離での保育は初めてで不安です。最初から母子分離なのでしょうか?
プレスクールの保育は、母子分離が基本です。お子さまひとりで先生やお友だちとコミュニケーションをとるうちに、自立心が芽生えていきます。
保育は、すべて英語で行われるのでしょうか。日本語を忘れてしまわないか心配です。
プレスクールでの保育は、日本語と英語の両方で行われます。外国人の先生・日本人の保育士とお話をするうちに、2つの言語が自然と身に付きます。
給食は
ありますか?
幼児期は「食べられた!」という食体験の積み重ねが大切です。そのため一律の給食ではなく、お子さまに合わせたお弁当の準備をお願いします。
お弁当は、どのようなメニューが良いのでしょうか。
お子さまが好きなメニューを中心に一口大にしていただくと食が進むようです。量や食材については、保育士と相談しながらご調整をお願いします。
フリープレイでは、どんなことができますか。
フリープレイでは、外国人講師と一緒にダンスや歌を楽しみながら英語に親しみます。日本人保育士とは日本の手遊びやうたで遊びます。
教室での様子は、
教えていただけますか?
お子さまのご様子は、日々の連絡帳でお伝えします。それに限らず、ご心配なことはいつでもご相談ください。
保育時間の変更は
できますか?
お迎え時間は、子どもたちの活動にあわせて、13時、15時、18時でお願いしています。急なご予定による延長もお気軽にご相談ください。
保育は週5日
利用しなければなりませんか?
保育は週2回からお引き受けしています。週2~週5までお選びください。
お休みしてしまった場合、振替えで別日を利用することはできますか?
週2~週4までご利用の方は、別日へ振替えいただけます。ただし、空き状況によりお引き受けできない場合がございますので、まずはご相談ください。
登園時間は何時でしょうか?遅れてしまいそうなときは?
朝のプログラムをみんなで楽しむために、登園は8時から9時の間でお願いしています。遅れる場合はご連絡をお願いします。
夏休みや冬休みなど、長期休園はありますか?
お盆やクリスマス期間中は、お休みとなります。日程についてはスケジュールをご確認ください。
保育時間中に、トイレトレーニングはしてもらえますか?
トイレトレーニングは、お子さまの様子を見ながら相談して進めていきます。パンツに切替えるタイミングについても保育士にご相談ください。
お外での活動も
行いますか?
お天気の良い日は、お散歩にでかけたり、お砂遊びなどを行います。お外でしかできない経験のなかで生きた英語を身に着けます。
バスでの登園は
できますか?
希望者が3名以上の場合、登園のみ「菊名プール横」からバスを運行いたします(有料です)。お迎えは直接、園までお願いします。
プレスクール幼稚部への入園優先枠はありますか?
プレスクールに通園いただいた方は、優先的に幼稚部に入園いただけます。幼稚部での英語教育に向けて、プレスクールでは英語に親しむ準備を行います。

その他、ご質問があればお気軽にお問い合わせください。

もっと見る

プレスクールの詳しいプログラムと料金体制についてはこちらからご覧ください。

Instagram

Kindergarten

外観

バイリンガルの芽をさらに大きく、
自由に伸ばすランゲージ・ハウス 幼稚部

プレスクールで育ち始めたバイリンガルの芽を、将来の可能性へと繋げるのがランゲージ・ハウス 幼稚部。充実した3年間には、世界中の文化・人々を理解しながら、日本の礼節まで身につけるプログラムが盛りだくさん。グローバル社会で通用する「自分力」「語学力」「日本人力」を、ぜひランゲージ・ハウス 幼稚部で!

Why Bilingual ?

黒部 美子
代表黒部 美子

 日本を取り巻く環境が大きく変化していく今、将来子どもたちに求められるコミュニケーション能力も、今以上のレベルを求められます。
 日本語と英語を正しく聞き分けて理解し、その状況によってコミュニケーション言語を使い分けていく訓練は、早期にスタートすることで実を結びます。
 乳児期(1.7才〜)は“しつけ”、“言語”、“生活”をスタートさせるには最適な年齢です。小学校に上がってからの英語塾、学習塾では補えない、貴重な学習保育の時間を、ランゲージ・ハウス・プレスクールが提供します。

About International Language House Preschool

<運営>

  • 施設名:インターナショナル・ランゲージ・ハウス・プレスクール
  • 開 園: 2018年4月1日
  • 代 表:黒部 美子
  • 電 話:045-431-5346(担当:岡谷)
  • ファックス:045-431-5326
  • 住 所: 〒222-0022 横浜市港北区篠原東3-20-19
  • メール: pre@yilh.net
  • 責任者:岡谷 友子